2009年01月19日

初日の出

元旦の朝、TVの初日の出中継を見ていると、玄関でコロが鳴きはじめた。
散歩の催促である。僕が起き出した時から目で訴えていたのだが、せめてもう少し明るくなってから行こう、と宥めていたのだ。外が明るくなってきた様子に、「だいぶ明るくなってきたし、もうそろそろ、いいんじゃないか」とコロはそう主張しているらしい。
でも、それはそう切羽詰ったものでもないということも、コロとの長い付き合いから鳴き方で解かる。

しょうがないな。と思いながら、僕は防寒着を着込んだ。

犬の散歩に大晦日も元旦もない。

それからいつものコースを回って、いつもの公園の中でコロがウンチをした。

それをビニール袋で拾う。コロのウンチの暖かさがビニール袋ごしにかじかんだ手のひらに伝わってきた。

その時、ふと顔を上げると、朝日が目に飛び込んできた、

嗚呼、これは初日の出ではないか、今年初めて目にする太陽である。

今、日本の各地でたくさんの人が拝んだりTV中継されているであろう初日の出を、僕は犬のウンチをつかんだぬくもりとともに迎えている。

ここで、一句


初日の出
犬のウンチの
温みかな



寸評 そのままやんけッ!




   
posted by ころすけポー at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コロとの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。