2005年03月08日

僕たちはこんなところに行ってきた。(その1)

道志川渓谷のキャンプ場にて

koro03.jpg



山奥のキャンプ場に着くと、誰もいなかった。
さすが平日に代休を取って来ただけの事はある。

混んでるキャンプ場なんて最低だものなァ。何で自然の中にまで来て、区画されて狭い長屋のようなキャンプを張らなければいけないのか。某有名どころのキャンプ場に行く人々の気が知れない。

道志川沿いは首都圏からも近いのでたくさんのオートキャンプ場があるけれども、僕たちが行ったのはその中でも最も広いキャンプ場だった。その一山のどのくらい奥までキャンプ場なのかよくわからないくらい広いそうだ。

しかし、だれもいない。うしししっしし・・・
管理棟に行っても管理人すらいない・・・全くに無人だった。

習慣でコロを近くの木に繋いで、テントの設営をはじめようとして、ふと気がついた。

「そうかぁー、誰もいないんだから、コロを自由に放しても問題ないや」

リードを外してやると、コロは一目散に山の中に駆け込んでいって、野生動物を追いまわしていた。しばらくすると、血みどろの野うさぎを咥えて戻ってきた・・・

と、いうようなことは全く無くて、コロは放されてもテントの周りや僕の回りでウロウロしているだけだった。

ぺグを打ったり、ロープを張ったりしている僕の回りを興味深そうにあっちに行ったりこっちに行ったりして一人で遊んでいる。全然、遠くに行こうとはしなかった。たまにいなくなったかと思うと、木立の向こうからこちらの様子をうかがっている。
ちょっとでも僕の姿が見えなくなると不安らしくて、水をくみに行く時もトイレに行く時もあとからついてきた。



koro04.jpg


ただ、コロは、テントサイトのそこらに無造作に置いてあるいろんなものを咥えて持っていってしまう。

ペグや木槌、ランタンケースやヘッドランプは、コロにとって格好のおもちゃになっていた。何でも持っていっては離れてカジカジしている。
なかなか返してくれない。
koro02.jpg

やっとコロを捕まえて取り返した頃には、それらはコロのヨダレと噛み砕かれてぼろぼろになってしまっていた。
まあそんなに高いものじゃないからいいけど・・・ひょっとしたらテントやターフまで壊されてしまうかと思った。

小雨が降ったりやんだりしていたので、とりあえずテントとスクリーンターフだけは早く設営してしまいたかった。それさえできてしまえば、多少雨が降ろうが風が吹こうがお構いなしにその中で煮炊きができる。
幸いに、もう雨はあがって来た様子だった。

夕方コロと散歩に出かけた。もちろんノーリードで・・・コロは僕の横を付かず離れずについてきた。街中で散歩をするよりも数倍はよく言うことを聞く。コロも初めてのところで不安だったのだろうか。
ちょっと離れても、軽く呼ぶとすぐに飛んできた。何て賢いヤツなんだ。

誰もいない河沿いをコロと二人で歩いていると、都会の喧騒やワールドカップのお祭り騒ぎがまるで別世界の出来事のような気がした。

コロは初めてのキャンプに疲れたのか、テントに入ると夜の7時にはもう眠ってしまった。

コロと二人だけで同じところで寝るのは初めての体験だった。
僕はしばらく一人で酒を飲んでから寝たのだけど、コロが夜中におきだして何回も起こされた。

koro01.jpg

夜中の12時、1時、2時、3時と約1時間おきにコロは目が覚めるらしく、そのたびにヒマなものだから、人の顔を嘗め回して起こそうとする。
最初はトイレにでも行きたいのかとテントを開けて外に出してやった。でも、オシッコではないらしく、そのままテントの中に戻ってきてしまう。

遊んでもらいたかったのかもしれないが、1時間おきに起こされる方はたまったもんじゃない。
最後は朝の4時に起こされた。しょうがないからそのまま起きてしまって、また釣に出かけた。
(平成14年6月某日)


おしまい!


posted by ころすけポー at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなところに行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。