2005年09月26日

第35話 真夜中の散歩

草木も眠る丑三つ時…

階下で寝ているコロが騒いでいた。クン、クゥン…と甲高い小声で鳴いて僕を呼んでいる。人や犬が近づいてきた時のけたたましさとは鳴き方が違うので、何を要求しているのかすぐに解った。

きっとお腹を壊して、ウンチがしたいのだろう。

と僕は思った半年に一回ぐらいで下痢になって夜中におこされることがあるのだ。
(第22話 コロ 夜に鳴く)

時計を見ると午前2時を少しまわっていた。まあしょうがない、寝ていたのだけど支度をしていつもより多めにティッシュをもって散歩に出かける。

我慢していたらしくコロは早足で歩き出した。いつもこういう時はすぐに排便を始めるのだがこのときは少し違っていた。なかなかウンチをしようとしないのだ。

オシッコは何度もするのだが、肝心の『大』の方をする気配がない。いつまでたっても、お尻を両足の間に巻き込むようなウンチングポーズをとろうとしない。

ウンチではなくて、ただ散歩がしたかっただけなのか?

そう思うと、真夜中の2時過ぎに懐中電灯をもって犬を散歩させていることがひどく滑稽な気がした。人通りも車の通りもほとんどない道を犬に引っ張られている姿は、とても怪しい人のようだ。

警察に職質されたらどうしよう…と考えていると、やっとコロがウンチを始めた。でも、そのウンチは下痢便のそれではなく、量は多いものの普通のウンチなのだ。

そうか、お前はだたウンチがしたかっただけなのか…

そう言うと、コロいかにも情けなさそうな顔で僕を見上げた。

結局いつもの散歩コースを一周して帰ってきたのだけど、その帰り道にコロは何度も僕の顔を見上げて、すまなそうな顔をするのだ。
僕が怒っているのを申し訳ないと思っているらしい。下から見上げる瞳が「すいません、すいません…」といっていた。

情けなさそうなコロの顔を見ていると怒る気にもなれず、

「いいよ、いいよ、生理的なことなんだからしょうがないさ」

僕は何度もコロにそう声をかけた。



   




posted by ころすけポー at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コロとの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。